お金の動きと売却時期がわかる、マンション売却の流れ

最終更新日:2019/07/17

マンション売却の流れは?

マンション売却をしようと思ったら、まずは物件がいくらくらいで売れるのか、下調べをしておきたいのではないでしょうか?このページでは不動産査定から売却まで、4ステップで紹介していきます。

マンションは他の不動産売却よりも似たような売却事例が参考になりやすいという特徴があります。あらかじめ国土交通省の「不動産取引価格情報検索」などで相場を調べておくといいかもしれません。

不動産会社を選び査定

売却の意志が決まったら、まずはマンションの売却査定を不動産会社に依頼することになります。マンション売却では、査定を行う不動産会社によって査定金額が異なるため、不動産会社選びはとても重要になります。

しかしインターネットでの検索結果を手がかりに、自分にあった不動産会社とめぐりあうというのはかなり難しいかもしれません。

そこで当サイトでは、複数の不動産会社と同時にマッチングできて、各社を比較しながら売却を進めることができる一括査定サイトをおすすめしています。リビンマッチのような大手サイトを使えば地方のマンションでも対応していることが多く、かつ安心して利用できるので、特に良いかもしれません。

今すぐ不動産を売却したいですか?不動産の価格だけ知りたいですか?

無料一括査定スタート!

不動産会社に仲介を依頼

売却を依頼したい不動産会社が決まると、媒介契約を結びます。媒介契約には、複数の会社と契約できる一般媒介契約一社のみと契約する専任媒介契約一社のみで自分で買い手を見つけることができない専属専任媒介契約と主に3つ契約の形があります。不動産会社の都合もあるので、自分の状況に合わせて、ご自身の状況にあった選択をするといいでしょう。

*媒介契約については「マンション売却における不動産会社との媒介契約で、失敗しないために」で詳しくまとめているので、ご参照ください。

またマンション売却では、購入時の契約書重要事項説明書の他にパンフレット設備に関する書類などがあるので、事前に用意しておきましょう。

売買契約

契約が済むと、不動産会社は売り出し価格を決めて、レインズへの登録や営業活動を行い買い手を見つけていきます。そして買い手が見つかると、買い主との間で売買契約が交わされます。

引き渡し

契約が決まると、日時をきめて不動産を引き渡します。権利書所有権の移転など、いくつかの事前に用意しておくべき書類や手続きがあるので、確認しておきましょう。

マンション売却におけるお金の流れは?

マンション売却で、住み替えなどを検討している人はお金の流れについても気になる人がいるのではないでしょうか?いつ入金があるのか、仲介手数料はいくらか、そしてキャンセルをしたい場合・された場合は、違約金などはあるのかなど、紹介してまいります。

売却が決まったらお金は2回に分けて受領

まずは売買契約が成立すると、手付金が支払われます。手付金の相場は売買金額の5~10%相当が手付金の相場だといわれています。そして物件の引き渡しに合わせて残金が支払われて、売却が完了します。

キャンセルしたら・されたら

手付金はいくつかの性格がありますが、一般的には解約した場合の手数料のようなものとして扱われます。このため買い手が途中で購入を見送った場合、その金額が解約金として支払われることになります。

売り手が途中で売却を取りやめた場合、手付金を返却するだけでなく、更に同額をのせて返却することになります。実際のところ、例えば3000万円でマンションを売却したときに手付金が5%なら、150万円となります。以外に高く感じる人もいるかもしれませんが、これがもっと低い割合なら安易に契約する人もでてくるので、妥当な金額設定だと言えるでしょう。

仲介手数料はいくらか

不動産売却で仲介業者を介して売却が成立すると、不動産会社に手数料を支払うことがあります。金額は宅地建物取引業法・国土交通省告示第172号といった法律で定められており、売却額の3%+6万円が上限となっています。あくまで上限なので不動産会社との合意で値下げされることもあるようなので、知っておくと良いかもしれません。

不動産買取

不動産売却というと、不動産会社が仲介し、買い手が見つかると売買契約が交わされます。しかし不動産買取では、不動産業者によって直接物件を買い取ってもらうことになります。このとき、不動産会社との間に手付金のような取り決めが行われることは少なく、一括で買い取ってもらうことになります。金額は安くなりますが、早期売却などを考える人には役に立つ仕組みになります。

不動産売却では、やはり、物件の引き渡しがお金を受け取るタイミングになります。仲介手数料などの諸費用がいつ決済されるかなど、あらかじめ不動産会社に確認しておくと良いかもしれません。

マンション売却はいつから?売却の時系列

例えば新居を見つけるとか、お金がいつまでに必要だとか、いつ引き渡しになるのかを知りたいかもしれません。しかし、不動産売却では相場より高く売りたければそれだけ時間はかかる傾向にあり、「必ずこのスケジュールで売れます」ということは言えません。ここでは売却にかかる時間を目安としてご紹介していきますので、参考にしていただきたいと思います。

半年前

先程紹介した不動産売却の流れに沿っていくと、マンション売却ではまず、不動産会社選びから始めます。一括査定サイトを通じて2~6社程度を比較することになるので、契約までにおよそ1ヶ月かかります。

今すぐ不動産を売却したいですか?不動産の価格だけ知りたいですか?

無料一括査定スタート!

3ヶ月前

次は買い手探しですが、特に安く売り出すことをしていなければ、3ヶ月~5ヶ月程度は要することが多いようです。媒介契約の中「専属専任媒介契約」は有効期限が3ヶ月になっており、目安としてもちょうどいいかもしれません。

1ヶ月前

最後は売買契約と引き渡しで1ヶ月程度になります。ということで売却後の動きを計算するなら半年前から売却活動を開始するのが目安になると思います。不動産会社が広告・営業活動を適正に行っていれば、値下げの目安としても使えるかもしれません。

住みながらマンション売却

マンションの売却では、居住中、もしくは賃貸中の物件を売却することもあるかもしれません。居住中は住み替え(買い替え)などについても気になると思いますので、その流れを確認しておきたいと思います。

居住中の売却の注意点

居住中の物件を売却する場合のポイントは、日程調整です。引き渡した後に引っ越しをするという事情があるなら、日程調整は正しく行わなくてはいけません。いつまでに売りたいのかを明確にした上で、スケジュールを組むといいでしょう。

なお、マンションの価値は居住の有無でなく築年数や周辺環境で決まるので、居住中でも問題ないと言われています。気にすることなく準備していきましょう。

賃貸中のマンション売却

賃貸中のマンション売却はオーナーチェンジと、退去が済んだ後の物件に購入者が住む、2つの形があります。オーナーチェンジの場合、買い手は家賃収入を目的としているので、物件の収益性に着目します。一方で購入者が居住目的で購入するなら、買い手が住みやすいかどうかを見ることになります。

いずれも売却は可能ですが、それぞれ異なる取引です。目的にわけてより良い売却をするといいでしょう。

マンション売却におすすめの時期は?

マンション売却の流れを確認してきましたが、マンションの売却には狙い目の時期というものが存在します。

買い手の都合に合わせる

マンションは購入希望者の多い時期に売却すると、当然需要の多い時期なので高値で売却することができます。

わかりやすいところだと、転勤や進学などが高値で売れる時期と考えられます。と言っても新シーズンの始まる4月ではなく、購入者はその2~3ヶ月前には行動を起こしていますので、1~2月が良いでしょう。

マンション売却で気になる内覧の手順は?

物件を売りに出すと、購入希望者が不動産を見に来ることになります。ここで如何に誠実に対応できるかで、買い手の心象が変わってくるといいます。内覧(内見)はどこのタイミングでおこなわれるのか、また、どういった準備が必要なのか確認しておきましょう。

室内をきれいにしておく

マンション売却では、室内の掃除が重要だといわれます。査定のときにも言えることですが、中をきれいにしておくことで、見た人の印象が大きく変わります。マンションでは同じ棟で同じ間取りの物件でも「どのように使っているか」で金額に違いがでますので、きれいにしておくことがおすすめです。

マンション内覧の時期と準備

マンション売却の内覧は、不動産会社が物件の売却活動を始めて、買い主から問い合わせがあると実施されます。居住中の場合は住人が対応することもありますので、内覧者が見たい箇所をもれなく見せることで成約に繋がりやすくなるといいます。

今すぐ不動産を売却したいですか?不動産の価格だけ知りたいですか?

無料一括査定スタート!

以上がマンション売却の簡単な流れです。まだまだ細かい注意点はありますが、
どのように売却が進んでいくのか、また、どういった点に気をつけるのかおわかりいただけたでしょうか?理想的なマンション売却をするためにも、当記事をぜひお役立てください!

「マンション売却」の記事一覧