物件を演出して売却可能性を高める「ホームステージング」

最終更新日:2019/07/29

不動産売却を進めていくフロー(流れ)に物件の内見というものがあります。購入希望者が実際に不動産を買うかどうかを決める重要なプロセスであり、ここで心をつかめば売却の可能性はぐんとあがります。

ここでは、不動産をみにきた人に対する演出、「ホームステージング」について紹介します。これがどんなもので、どれだけ効果的なのか、見てきましょう。

不動産売却とホームステージング

まずはホームステージングの定義を確認しながら、不動産売却との関連・相乗効果を確認していきます。

ホームステージングとは

ホームステージングとは、広義に物件演出のことを言います。1970年代アメリカ発祥の考え方であり、空室の物件にはターゲットに合わせた小物や家具を配置したコーディネートを、居住物件ではいい印象を与える状態へ片付け・再配置をしていきます。

これによって購入希望者は入居後の姿をイメージしやすくなり、売却を円滑にする効果が見込めます。

不動産売却とホームステージングの関係

不動産売却では内見の時にどれだけ印象をよくできるかによって売却の成否が変わるといいます。

例えば不動産を買う時をイメージしていただくと、インターネット上にでてくる物件画像は汚いものよりきれいなもの、何も無いものよりどこをどのように使うか想像できるものを選択するのではないでしょうか?

*不動産売却と内見については「お金の動きと売却時期がわかる、マンション売却の流れ」で詳しくまとめているので、ご参照ください。

ホームステージングの効果

さて続いて、具体的なホームステージングのやり方や、その効果を紹介します。

具体的な居住をイメージする

すでに空室の物件を売却する時は、ゼロから家具などを持ち込むことになるため、自由度が高く、演出・コーディネートしやすいのが特徴です。そこで、どんな人に買ってほしいのかをしっかりイメージすることが重要だといいます。男性なのか女性なの、ファミリーか独身か、そして収入や生活の流れまでも具体的に考えることで、成功の確率が変わるということです。

荷物はなるべく少なくする

先程は空室の場合でしたが、居住中から売却活動をすることもあると思います。そんな時のホームステージングでは、荷物に溢れたごちゃごちゃした印象にしないことが大切だといいます。各部屋の広さや日当たりをきちんとわかるようにものを減らし、家具や小物の演出はその後に行うといいでしょう。

ホームステージングに期待する効果

ホームステージングを実践してみて、どのような効果が期待できるのでしょうか。

販売期間の短縮

まずは期間の短縮が期待できます。不動産売却では、売却活動が長期戦になって、金額を下げたり精神的に疲弊したりする可能性があるので物件をどれくらい早く、希望価格で売却できるのかも重要になります。適切な演出をすることで購入希望者を獲得し、少しでも問題を減らしましょう。

価格の上昇

正しく演出することでより売れやすくするだけでなく、売却金額の上昇も見込めます。

具体的なデータで見ると第1回ホームステージング実態調査(日本ホームステージング協会)では、ホームステージングの有無で金額が0.5%変わることがわかっています。3000万円なら15万円、少しの努力でこれだけ変わるなら実践してみてもいいでしょう。

ホームステージングは誰・どこに依頼する?

最後にホームステージングの始め方についてまとめました。だれに頼むのか、どんなことをするのか、確認してみてください。

ホームステージング専門会社

もともとアメリカで始まったホームステージングですが、近年、日本でも専門的にホームステージングを行う会社がでてきています。まだ数も少なく、どこまで任せれば良いのか不安かもしれませんが、調べてみても良いかもしれません。

不動産会社

一番わかりやすいのが、売却(仲介)をお願いする不動産会社に相談する方法です。実際に不動産会社がホームステージングを提案してくれることもありますが、窓口としてホームステージングができるよう案内してくれることもあります。コスト面でもメリットがあり、不動産会社へ売却後に仲介手数料を(売買代金の3%程度)支払うことになりますが、そこから捻出される可能性が高いです。

自分でおこなう

最近は検索エンジンやSNSを使って情報収集ができるので、自分で演出を行う人も増えています。ホームステージャーという資格などもあるので専門的に勉強することもできますし、好きな人はトコトンこだわってみてもいいかもしれません。

今すぐ不動産を売却したいですか?不動産の価格だけ知りたいですか?

無料一括査定スタート!

「不動産売却」の記事一覧