マンション売却の期間。平均期間と最短で売る方法

最終更新日:2020/10/05

スケジュール帳とペン

マンションを売るなら、売却までの期間を把握しておきたいところです。また、できるものなら最短で売却したいと考えている人も多いでしょう。

今回は、マンション売却の期間について解説します。

マンション売却にかける適切な期間

まずは、マンション売却を始めてから引き渡しまでに、どのくらいの期間を要するのか確認しましょう。

希望金額でマンション売却期間は違う

マンションを売却するなら、どれくらいの期間で売却をしたいか、あらかじめ決めておくことが大切です。

一般的に、相場金額と売出金額の兼ね合いでマンション売却までの期間が変わります。

相場よりも高く売り出せば、それだけ売れるまでの期間は長くなります。また、相場よりも安く売り出せば、当然早く買い手がつきます。つまり、売却までに決まった期間があるわけではありません。

もちろんマンションの希望売却金額があると思いますが、あらかじめ期間を決めて、それまでに買い手がつくような妥当な金額を設定する必要があるのです。

媒介契約の期間

マンション売却の適切な期間について考えるなら、不動産会社との媒介契約の期間を考えることも有効です。

マンションの売却をする時は、買い手を見つけてもらうために、不動産会社と媒介契約を結びます。

媒介契約には、複数の会社に委託できる一般媒介契約と、一社のみと契約する専任媒介契約や専属専任媒介契約があります。後者はマンションの売却活動を報告する義務や不動産情報ネットワークのレインズへの掲載が義務となっていますが、3ヶ月で自動的に更新が切れます。

マンション売却では、媒介契約の期間を基準として、売却期間を設定することがあります。3ヶ月、6ヶ月という節目で、不動産会社の活動が自身の希望に合っているか、見極めるといいでしょう。

長期間売り出すデメリット

マンションを物件情報サイトなどに公開し続けているということは、「売れ残っている」という見られ方をします。マンション自体に問題がなくても、1年近くも売れていないというだけでマイナスになってしまう可能性さえあります。

そのため、長くとも6ヶ月程度で買い手が決まるような金額設定が望ましいでしょう。

また、不動産会社の営業活動も、長期化すると鈍化する可能性があります。

担当者の立場で考えれば、売り始めと同じ熱意とは考えにくいです。注力しても売れないと感じたり、新着物件の方が売りやすく見えたりします。

長く売りに出せば高く買う人が出てくると考えてしまいがちですが、必ずしもそうではないことには注意しましょう。

段階的に売却を進めると良い

マンション売却は売り手と買い手の希望が一致して初めて成立します。そのため、思っていたより高い金額でも買い手がつく可能性もあります。

一般的には、段階的に設定金額を落としていく方法が使えます。

始めの3ヶ月は、相場よりも強気の金額設定をして買い手を探し、もし現れればそのまま売却します。

3ヶ月が経過しても購入希望者が居ないようなら、そのタイミングで不動産会社の対応や金額の見直しをして、次の3ヶ月は妥当金額設定をします。

さらに売れなければ、当初見積もった相場金額よりも安い金額で売却します。

売却スケジュールを組んで段階的に売却を進めることで、結果として、より納得してマンションを売ることができるはずです。不動産会社と相談して、納得できる金額設定をしましょう。

高く売るためには比較が大切。
一括査定で不動産会社を見極めましょう。

無料一括査定スタート!

マンション売却における手続きの期間

チェックボックス

先述のように、マンション売却ではスケジュールを組むことが大切です。

しかし、売却までには色々な手続きがあり、それぞれにある程度の時間がかかります。ここで、マンション売却の手続きとそれに要する時間を確認しましょう。

お持ちのマンションを査定してもらう

マンション売却に迷っている段階でも、いくらで売れるのか確認しておくことは重要です。不動産会社に問い合わせて、物件価値をみてもらいましょう。

査定結果をもらうまでには、1週間程度かかると言われます。もっと早く金額を知る方法として、周辺相場などから簡単に金額を計算する簡易査定(机上査定)というサービスもあります。しかし、不動産にはそれぞれに特徴があるので、正確な査定金額になるとは言えません。

どこの不動産会社依頼すべきか迷う方は、下記の記事を参考にしてみてください。

不動産売却の業者選びは「どこがいいか」ではなく「どう見つけるか」

物件の売り出し・内見

マンション売却の手続きとして、購入希望者を集める活動があります。具体的には、不動産会社がインターネットに物件情報を公開したりチラシを配布したりすることです。

実際に売主本人が行うこと手続きはありませんが、販売期間の短縮という意味では、自身でも不動産会社の販促活動をチェックして改善を促すことが有効な場合もあります。

購入希望者は、物件の内覧を行います。内覧のときには、希望者の印象をよくするために清掃をしたり、家の活用方法を見せたりすることで、成約率を高められる可能性があります。

スムーズに進めば1ヶ月以内で話がまとまることもあるようです。

買い手が決まってからの手続き

購入申込書を受け取るとすぐに引き渡しが行われるわけではありません。購入申し込みに承諾すると、以下の手続きを行います。

書類の手配

契約や引渡しに必要な書類の準備があります。主に権利証や身分証などを準備しますが、自治体にすぐに行けるのか、申請から受け取りまでに時間はかからないのか不動産会社の担当者に確認しなくてはいけません。物件の近くに住んでいない場合には書類の準備だけでかなり時間を要する可能性があるので、事前に確認しておきましょう。

売買契約

書類を準備して、売買契約に臨みます。代金決済や引渡しの日取りを決めていくことになります。また、この時点で手付金や仲介手数料の一部を受け取ります。

決済や引き渡し

最後に決済と引き渡しを行います。ここまで、申込みが入ってから1ヶ月以上かかることもあります。引越しの日取りについても調整が必要になるので、不安がある場合は仲介をお願いしている不動産会社に相談しておくと良いでしょう。

マンションを早く売る方法

砂時計

マンションを早期に売却したいという人もいると思います。具体的にどのような方法があるのか、確認していきましょう。

媒介契約の見直し

マンション売却では媒介契約を結びます。

その不動産会社の対応がまずかった場合などには、より希望に近い対応をしてくれる会社に変更することもできます。ただし、不動産会社が契約の解除日までに使って宣伝費について、明細書などがある場合には費用請求がありえますので、気をつけましょう。

マンション買取

マンション売却といえば、不動産会社が物件を仲介し、市場で買い手が見つかり次第売却が成立します。

マンション買取とは、不動産会社が直接物件を買い取ることを指します。市場で買い手を探さない分、かなりの時間短縮ができます。

しかしマンション買取の場合は、再度販売するための費用分などが考慮され、仲介よりも金額は安くなります。

今すぐ不動産を売却したいですか?不動産の価格だけ知りたいですか?

無料一括査定スタート!

「マンション売却」の記事一覧