不動産売却の手数料無料はおトク?安易な判断をしないための基礎知識

最終更新日:2019/07/10

不動産会社をどこにしようか迷った時に、「仲介手数料無料!」と書いた広告につられてしまったという人がいるかも知れません。

これは賃貸物件を探している時に見かけることの多い宣伝文句ですが、不動産売却でも、数は少ないですが存在しています。

しかし不動産会社はそうやって手数料を無料にしてしまって採算はとれるのでしょうか?また、手数料は無料だけど他のところでお金をとっているとか、そういった怪しいことはないのでしょうか?

ここでは、不動産売却と仲介手数料無料について、その仕組みや無料にする理由、そして利用すべきなのかどうかを紹介していきます。普段の生活では見えてこない仲介手数料の疑問を、解決していきましょう。

仲介手数料とは何かをまずは確認

不動産の売却は、自分で買い手を見つけることもできますが専門知識や経験で売却の成果が変わることもあって、不動産会社に頼むことが多いと思います。

ここでひとつ、不動産会社の役割を紹介しておきます。

まずは売却の相談にのるところから始まり、物件の価値を査定し、ズムーズにいけば顧客と媒介契約を締結して買い手を探します。さらに宣伝活動を行い、購入の申込みがあると金額交渉を進めて、売り手と買い手の売買契約の間にも入ります。さらには物件の引き渡しや決済にも関わり、とにかく全体的なサポートは不動産会社が担うことになります。

仲介手数料とは、そんな不動産会社の一連の活動に対する報酬です。

物件が売れた時にのみ物件価格の3% + 6万円(400万円以上の場合)が支払われることになり、原則として他の手数料をとることはできないようになっているので、「仲介手数料」がいかに重要な収入であるかがわかります。

参考:不動産が2000万円で売却されたら、仲介手数料は66万円

仲介手数料を無料にできるからくりとは?

ここまで仲介手数料が不動産会社にとってどれだけ重要なのか確認してきましたが、そもそも無料にすることができるのでしょうか?

ここでもうひとつの着眼点について紹介します。

両手仲介

不動産仲介では、売り手の向こう側に買い手がいます。売却側の目線であまり意識しないかもしれませんが、買い手側にも物件の購入の仲介を行う不動産会社が存在しており、買い手から仲介手数料を受け取っています。

実はこの売り手側の仲介を行う不動産会社と買い手側の仲介を行う不動産会社が同一の場合があります。これを不動産業界では、売り手と買い手、両方の仲介を行うことから「両手仲介」と呼んでいます。

手数料無料が成り立つのは両手のみ

さて両手仲介について紹介しましたが、手数料無料になるのはこの両手の時だけになります。ここまで書くとすでにお分かりの方も多いことと思いますが、からくりは売却できる物件を集めるために「仲介手数料無料」として多くの顧客をあつめて、物件の購入者から手数料をもらっているということです。

つまり両手仲介の手数料が2倍もらえるというメリットは享受できなくても、できるだけ多くの物件をさばくことで採算をとろうとしているのです。

参考:両手仲介の利益相反

不動産売買では両手仲介が好まれますが、売り手と買い手の双方の希望を叶えることが難しいのが現実です。買い手は不動産を安く買いたいし、売り手は高く売りたい。お互いの利益になる行動を同時に取るのは大変困難なので、顧客としてはあまり嬉しい取引ではありません。

手数料無料の広告効果

続いて、仲介手数料を無料にする事情や宣伝効果について紹介します。

大手不動産会社と競合

不動産会社が売り手を探すためには、大手不動産会社とも競わなくてはいけません。地場に根ざした優良な企業であってもかけられる宣伝費や物件を集められる情報量に差が出てしまいます。そのような場合にいかに顧客の目を引く付加価値を提供しながら利益を生んでいくのかが、問われているのです。

不動産売却の広告費

不動産を売却するまでには多くの広告費を投下します。仲介手数料無料というのも、ある意味では宣伝費として捉えることができます。

不動産会社は物件の売り手が見つからなければ収益をあげることができないので、そこを無料にしている会社というのは、売却物件集めに対して重点的に資金を使い、売却のサイクルを回しています。

一方でお客さんの目線では、仲介手数料は数十万円以かかるものになるので宣伝効果が抜群だとも言われます。このような事情からも、仲介手数料を無料とする会社が存在しているのです。

手数料無料の会社を使って損はしない?

さてここからは仲介手数料を無料にしている会社に委託して損はないのか確認していきます。

サービスの質を見極める

はじめに結論をいうと、仲介手数料が無料の会社をあえて選ぶことはおすすめしません。

先程述べたように不動産会社が手数料を無料にしているのは集客のためであり、大手不動産会社のようにテレビCMで大々的にお客さんを集めることができないかわりに実施している策です。一見すると顧客に還元している良い会社にも見えても、必ず事情があるということです。

他の不動産会社に依頼するより手数料が安くても「売却額」は会社によって数百万円単位でかわるので、しっかりと見極めましょう。

複数査定、相見積もりが最適

物件の査定価格は各会社の売却実績にも左右されるので、会社間の差が顕著に現れます。そこで自分にあった物件を見極める手段として、複数の会社に見積もりを出してもらうことがおすすめです。

手数料半額について

手数料を無料にしている場合と同様に、半額でお客さんを集めている不動産会社も多く存在しています。

実は上限額

仲介手数料は3% + 6万円で計算すると言いましたが、これは法律で決まっている上限額になります。実は仲介手数料はそれよりも下回る額で設定することが可能であり、1.5%や2%程度で広告を出しても問題はありません。

客付けと元付けの合計で考える

先程、両手仲介の場合にのみ手数料無料が成り立つと紹介しましたが、半額にしている場合でも基本的には同じです。購入側の仲介を「客付け」、売却側の仲介を「元付け」と呼ぶのでこれを使って整理してみると、

元付け0% + 客付け3% = 3%
元付け1.5% + 客付け3% = 4.5%
元付け3% + 客付け3% = 6%

のように考えることができます。このように合計して手数料額をイメージすれば、不動産会社の儲けを理解しやすくなります。

不動産売却なら「一括査定サイト」

不動産会社を見つけるのには、一括査定サイトが便利だといえます。物件の査定を複数の会社に依頼することで金額を比較できて、どこが一番高く売ってくれそうかを見極められます。

またあらかじめ物件の所在や種類についても入力しているので不動産会社のミスマッチを起こすことはありません。下記のフォームからも簡単に始めることができるので、ぜひ活用してみてください。

今すぐ不動産を売却したいですか?不動産の価格だけ知りたいですか?

無料一括査定スタート!

「不動産売却」の記事一覧