不動産売却の相談先は?売却が不安な方・高く売りたい方は必読!

最終更新日:2020/02/25

support

不動産を売却したいけど、進め方や高く売る方法がわからないから、誰かに相談したいという方は多いのではないでしょうか。多くの方は不動産売却は多くの人が初めてですし、不動産売却では数千万円もの金額が動くので慎重に進めたいところです。ここでは、不動産売却の相談先としておすすめの窓口をご紹介します。

相談先は聞きたい内容によって違う

不動産売却における悩みは大きく3つに分けられます。

1つ目は売却する不動産自体に関すること。高く売れるのか・査定や売却はどういう流れで進むのか・手数料などの費用はどうなっているのかなど、不動産を上手に売却するためには、色々なことを知っておきたいところです。

2つ目は税金に関すること。不動産を売却したら税金はどのくらいかかるのか出会ったり節税方法はどうなっているのかであったり、気にされる方も多いでしょう。

3つ目は法律に関すること。不動産を売却するためには色々な契約があります。また、権利の移転をするための手続きや相続などが伴う場合には名義変更についても難しい点があります。その他、売却した不動産におけるトラブルについても気になるでしょう。

不動産売却についての相談

不動産売却の相談をするなら、やはり不動産会社の担当者に相談しましょう。不動産会社なら不動産のプロですので、売却に関することだけでなく引き渡しまでに想定される様々ことに対して幅広くアドバイスしてもらえます。

「軽い気持ちで相談してしまったことで、上手に営業をかけられてしまい、流されるままに話が進んでしまうこと」が気になる方もいるのではないでしょうか?相談のつもりが売却まで話が進んでしまえば、当然困惑してしまいます。

これを避けたい方は、不動産売却の一括査定サイトがおすすめです。査定サイトは画面にしたがって情報を入力していくことで不動産会社に相談できます。それだけでなく、「価格によっては売却を検討したい」という項目で売却はまだ考えていないことを事前に伝えられるので、安心して相談に進むことができます。

今すぐ不動産を売却したいですか?不動産の価格だけ知りたいですか?

無料一括査定スタート!

諸経費も含めた売却に関するさまざまなアドバイスはどうしても不動産のプロに相談することになります。懇意にしている不動産会社がない方は、活用してみましょう。

税金に関する相談(税理士・税務署)

不動産売却が終わった後は税金が気になります。特に売却益が出たときには、多額の税金がかかるのではないかと心配している方もいるでしょう。

こうした不安がある方は、相談先として公的機関を利用することをおすすめします。自治体によっては役所に税務相談の窓口を設けていることもありますし、税務署なども無料の相談先として有効活用できます。

ただし、公的機関に相談する大きなデメリットは、原則として節税に関する相談ができない点です。あくまで税金の収め方についてのアドバイスをもらう場になりますので、もし節税について相談したければ税理士に相談しましょう。

税理士に依頼する場合は、数万円の報酬が発生します。それでも、大きな額の節税効果が見込めるなら有効な手段になるので、正式に依頼する前の初回面談などを使って、確認してみると良いかもしれません。

登記など法律に関する相談(司法書士・弁護士)

不動産登記などの相談は司法書士に行いましょう。ただし、不動産の契約においては不動産会社が案内してくれるので、無理にご自身で司法書士を探す必要はないでしょう。

また、瑕疵のある(いわくつきの)不動産売却については、弁護士への売却相談が必要になる場合があります。売却前の権利関係や、法律違反などトラブルは多岐にわたり、不動産売却に関する法律相談は、実はそんなに少なくありません。

一般に弁護士費用は売却額の10%程度と言われています。不動産は1件2、3000万程度することも多いので、費用も高額になってしまいます。トラブルを極力避けられるよう、売却の時点で不動産会社と話をしておきましょう。

以上3つが、主な相談内容ではないでしょうか?それぞれ内容は全く違いますが、重要なものばかりです。不安な方はぜひ事前に確認しておいてください。

不動産売却の流れを知っておく

不動産売却の相談をする前に、査定の流れも抑えておくとより安心して売却に臨めると思います。ここで一度、実際に不動産を売却するつもりで、流れを確認していただければと思います。

不動産売却の下準備

不動産売却を検討し始めた段階で、まずは自分の物件周辺の相場を調べるのではないでしょうか。あらかじめそのエリアの相場観を持っておくことで、いざもらった査定書との比較がスムーズに進みます。売却の理由やその後のビジョンも決めておくと、買い替えの案内や住宅ローンに関することなど、あわせて相談しておくことができるので、なお良いかもしれません。

不動産会社に相談し、査定してもらう

不動産会社を選び、実際に自分の不動産を査定してもらいます。不動産選びについて迷ったら、最初に述べたように一括査定サイトを使うことで解決すると思います。特にリビンマッチのような大手サイトを使うとその土地に根ざした地方の不動産会社との提携も多いので、相談先が見つからないことは少ないでしょう。

今すぐ不動産を売却したいですか?不動産の価格だけ知りたいですか?

無料一括査定スタート!

不動産売却をするための契約をする

一般的に不動産会社は、売却を仲介することが仕事になります。不動産会社を決めたら媒介契約を結び、売却するためにレインズ(不動産業者専用ポータル)への登録などの具体的な活動をしてもらいます。自身も不用品・廃品の処分や、居住中の場合は内覧の対応などをすることになりますので、その準備も必要です。

■一般媒介契約
複数の会社と契約できますが、実際に売却できた会社にのみ手数料が入るので、担当者の注力度合いが低くなる可能性があります。

■専任媒介契約
一社のみと締結する媒介契約です。自分(売り主)で買い手を見つけることはできますが、不動産会社は他の業者に取られることがないので、営業努力をしてもらえる傾向にあります。

■専属専任媒介契約
専任媒介契約に自分で見つけることができないという条件がついている契約がこれに該当します。

媒介契約については主に上記3つのものがありますので、確認しておくことをおすすめします。

売買契約をする

買い手が決まり、売買を確定させる契約です。ここで売買が正式に決まってしまいます。めんどうでも、しっかりと契約書の確認をすると良いでしょう。

不動産の引き渡しをする

不動産の引き渡しです。自動車の売却と違い不動産なので、ものの移動はありません。権利書などの書類と代金、各種手続きによって売却は完了です。

以上が不動産売却の流れになります。これからすることの全体像を確認しておくことで、何について相談したいのかが明らかになるかもしれません。自分の状況と照らし合わせて、一度確認してみてください。

相談する担当者ベースの話

相談をするのは不動産会社ではなく、あくまで不動産会社の担当者です。実は相談すべき担当者とそうでない人の見極めをするための目安があるので、こちらで紹介しておきます。

基本的な部分

まずはマナーや身だしなみがしっかりしているかどうかです。マメなサポートが受けられるかどうか、親身に相談を受けてもらえるかどうかは、基本的なことで大きく変わります。年数の浅い担当者などはそういった部分が不慣れなこともあるので、対応がしっかりしている人ほど信用できる傾向にあります。

情報収集力

情報収集を怠らない担当者は信用できるといわれます。判断の目安としてはインターネットをしっかり使って情報を提供してくれているかどうかです。もちろん会社の規模やエリアによって情報を得るネットワークに大小はありますが、担当者単位で見るとそういった心がけにヒントが隠れているようです。

査定価格の根拠がしっかりしているか

実際に相談をしたあと、物件をみて査定をしてもらうことになります。担当者の業界に対する知識やノウハウをもって行われますが、ここがきちんとしているのかどうかは見極めなくてはなりません。なぜその金額が算出されたのかを聞き、納得のいく回答が得られる担当者こそが、より信用できるのではないでしょうか。

売却完了までの見立て

最後に、売却完了までの見通しが立てられているかも重視すべき点です。実際に高い金額で査定を貰っても、蓋を開けてみれば買い手は決まらず、終いには査定額よりも値下げされてしまうこともあります。売却までのストーリーがしっかりしているのかどうか、見極めていくと良いでしょう。

以上が、不動産売却の相談をしたい担当者の特徴になります。あくまで目安で、個人差もあるので難しい部分になりますが、参考にしていただければと思います。

一括査定サイトを使ってみる

ここまで「どこに相談すべきか」についてみて来ましたが、ここまで要所で「使える」と紹介してきた一括査定サイトに関してまとめたいと思います。

相談先を見つけるためのサイト

不動産売却の相談先はほとんどが不動産会社になります。しかし近所の不動産会社に足を運んで相談して、合わないからとまた次に・・・となるとその苦労は計り知れません。そういった相談をする不動産会社を見つけるために、不動産一括査定サイトが使えます。

一括査定のフォームは入力項目が多くて大変ですが、その分、出てくる不動産会社は自分の物件を売るのに適しています。エリアなどによって選べる件数には差がありますが、出てきた会社に一通り相談することで、効率的に知りたいことがわかります。

複数査定でどこが良いかを簡単に比較できる

複数に同時に相談ができるので、ここまで紹介してきた良い相談先にめぐりあう可能性も高まります。また、比較することで「どこがよりよいのか」を判断する基準ができます。どこが良いかわからないという人は、比べてみることで良し悪し決めるといいでしょう。

インターネットから簡単に、無料で不動産売却の相談ができるので一括査定サイトをおすすめしていますが、ご自身で複数の会社をみつけて相談するのでも問題はありません。あくまで比較検討をする手段として考えていただければと思います。

今すぐ不動産を売却したいですか?不動産の価格だけ知りたいですか?

無料一括査定スタート!

電話相談窓口のメリットとデメリット

調べてみると、不動産売却相談を受け付けている電話窓口をみかけるかもれません。特定のサービスに関してではなく、こういった一般的な「不動産売却相談センター」のようなサービスが本当に良いのかどうか、触れておきたいと思います。

疑問の解決には役立つ

電話相談を受け付けているので、基本的には疑問に答えてくれる専門のスタッフが対応してくれます。住み替えの事情や急な相続など、不動産売却ならではの悩みは専門知識が必要になります。それに答えられるスタッフを備えているという点では、役に立つサービスだと言えます。

基本的には不動産会社に赴くのと同じ

電話相談の窓口なので、仮に営業を受けたとしても直接不動産にいく場合よりは断りやすいかもしれません。しかしいずれも「不動産売却つなげるための窓口」なので、その先にあるの売却の話を見据えて相談することになりますので、気をつけなければいけません。

比較対象がない

一つの窓口として疑問に答えてくれますが、例えば売却の金額面をひとつとっても、比較対象がなければ判断が難しくなります。とりあえずの相談でも、せっかく教えてくれたからと比較せずに話をすすめてしまうと損をしかねないので、あくまで相見積もりの姿勢をもつことをおすすめします。

不動産売却の相談窓口を探していることと思いますが、当サイトはそういったサービスをあまりおすすめしてはいません。あくまで複数の人に相談することで、悩みを解決していただければと思います。

不動産売却相談の窓口

当サイトは不動産売却相談の窓口として、不動産売却におけるお役立ちコンテンツを多数掲載していきます。売却を検討し始めた第一歩として使えるサイトをめざしているので、ぜひご活用いただきたいと思います。

今すぐ不動産を売却したいですか?不動産の価格だけ知りたいですか?

無料一括査定スタート!

「不動産売却」の記事一覧