NTTグループの一括査定「HOME4U」は不動産売却で使えるのか

最終更新日:2019/07/25


HOME4Uは提携不動産会社が1300社、運営年数が18年を超える、リビンマッチと並ぶ大手不動産一括査定サイトです。提携会社が多いということは「利用したときに比較できる不動産会社が多く表示されやすい」ということで、ユーザーの利便性も高くなります。また、運営年数が長いということは単純に十分な査定依頼実績を示しており、長い年月をかけてサービスの質を向上させてきたことがわかります。

不動産一括査定サイトって?

不動産一括査定サイトとは、物件情報や依頼者情報を入力するだけで、インターネットから複数の不動産会社に査定を依頼できるサービスです。

不動産の価値が知りたいときや売却しようと思ったとき、どこの不動産会社に相談すれば良いか迷うかもしれません。自分で調べた不動産会社にとりあえず査定を依頼してうまくいくこともありますが、大抵は査定結果が高かったのかどうか分からずに終わってしまいます。

そこで不動産一括査定サイトを使えば、複数の査定結果を比較し、すべて希望を下回る査定でもある程度納得して売却を行うことができます。良い条件で売るためだけでなく、相場を知る意味でも、一括査定は便利な仕組みだと言えます。

今すぐ不動産を売却したいですか?不動産の価格だけ知りたいですか?

無料一括査定スタート!

中でもHOME4Uは、2001年誕生の、日本初の不動産一括査定サイトです。その後10年の間に多くの一括査定サイトが登場し、サービスの質を向上させてきましたが、最初に始めた会社として抜群の知名度があります。運営はNTTデータグループが行っており、最も信頼される一括査定サイトの一つです。

HOME4Uに関する口コミ・評判は?

良い口コミ

NTT系の運営だから、なんとなく安心して使えた
査定に来てくれた営業マンを比べることができた
訪問査定の前に簡易査定を依頼できてよかった
安くても早くという選択ができて、金策に役立った

悪い口コミ

一度利用して便利だと思ったが、その後の営業がしつこかった
6社のうち、5社を断るのが大変だった
田舎で依頼できる会社が少なかった

総評

まずは運営会社を知っていた人が、なんとなくNTT系だからと安心して利用できたという声が特徴的でした。

また、営業マンの比較や、複数の見積もりで安心できたことなどは、不動産査定サイト自体の良さですが好意的な意見が見られました。良い意見と同時に、他サイトとの違いがわからなかったという声も少なからずみられ、違いがわかりにくいユーザーもいたようです。

「安くても早く」という項目については、安くても不動産会社が不動産を買い取ってくれる金額がでるサービスになります。今は不動産買取を提供している一括査定サイトも多いですが、お金の問題を抱えているユーザーにとっては特に、あってよかったサービスのようです。

悪い口コミについては、営業マンや不動産会社の対応が微妙だったという声が多くありましたが、いずれも一括査定サイトではなく、その先の不動産会社の問題になりますので、利用者は注意しなくてはいけません。都心に比べて地方で比較できる不動産会社が少ないのは、物件も不動産会社も少ないのである意味自然なことなので、仕方ないでしょう。

HOME4Uは無料?手数料や課金の疑問について

課金や利用料に関する質問が多くありますが、HOME4Uを始め不動産一括査定サイトは無料で使えます。

一括査定依頼の送信は無料で使えるものの、不動産売却すべてが無料というわけではないので、ここで簡単にフォーム送信後の流れをおさらいします。

まず、一括査定依頼を不動産会社に送ると、各社から連絡が入ります。ここで査定書をもらったり、実際に物件をみせて査定額を算出してもらったりすることになります。

そこまで終わると、あとは売却の意志確認です。金額に納得し、不動産会社に売却を依頼するなら、ここで媒介契約を結びます。媒介契約は一般媒介契約や専任媒介契約など、どこの不動産会社とどのような契約をするのか、いくつか選択肢がありますので、自分の状況に合わせて選択すると良いでしょう。

不動産会社による売却活動が進み、実際に買い手が決まると、仲介した不動産会社に対して手数料を一定額支払うことになります。はじめに書いたように査定依頼については無料でしたが、仲介活動をしてくれた不動産会社には報酬が発生しますので、当然かも知れませんが、ご注意いただきたいと思います。

HOME4Uを使うメリットとデメリット

大手と中小の不動産会社とバランスよく提携している

小規模の一括査定サイトと違い、提携している不動産会社が多く、査定依頼のできる不動産会社のバランスが良いのもHOME4Uの特徴です。

大手不動産会社が作った一括査定サイトもありますが、やはり大手のみが査定をするとなるとエリアが都市部に集中してしまうなど、サービスに偏りがでます。

大手は都市部の不動産売却において力をもっており、全国の中小不動産会社は地元の不動産売却に強みがあります。この点、HOME4Uやリビンマッチのような一括査定サイトは、全国バランスよく問い合わせができるということが魅力になります。

利用者が多い

推定700万人の利用者がいる最大級のサービスであるというメリットがあります。利用者の多いサービスは、不動産会社にとって魅力的で、提携したという不動産会社も多くなります。こうしてサービスに好循環が生まれているので、安心して利用できます。

個人情報保護に力を入れている

公式サイトでは「セコムのSSLサーバ証明書」と「プライバシーマーク取得企業」の2つをもって、セキュリティ面の安心を訴えています。SSL化については「サイト自体を安心して使える」という証明になっており、また、プライバシーマークについては「個人情報の保護や管理において安全に運用している」ことを担保しています。

後者はリビンマッチなど一部認定企業による運営サイトもありますが、多くのサイトが取得していないため、インパクトのある取り組みかもしれません。

フリーダイヤルのなんでも相談窓口

HOME4Uには、不動産売却の一括査定に関するさまざまな相談を受け付ける窓口があります。他サイトでもやっている取り組みですが、やはり不動産売却の機会はそう何度もないので、不安な人が多いのも当然だと思います。その点で、電話で相談に乗ってくれるのは、十分なメリットだと言えます。

査定依頼ができない時がある

査定依頼をしてもエラーになってしまったり、不動産会社が出てこなかったりすることがあります。不動産や個人に関する多くの情報を入力する一括査定サイトだけに、せっかく入力したのに、査定依頼ができないのは残念かもしれません。

HOME4Uの使い方

査定フォームがどのように進行するのか知っておきたい人にむけて、簡単な査定依頼までの流れを確認しておきます。なおパソコン操作が苦手な人は、平日10:30~18:00の間、電話での相談も可能となっているので、そちらからお問い合わせも可能です。

サイトにアクセスし、都道府県と市区町村を選択し、査定スタートです。(郵便番号から査定スタートすると町字の入力が省略されます。)

まずは物件情報の入力となり、所在地や入居の有無、広さや間取りなどの情報を入力していきます。査定の理由や希望の条件なども入力し、下部ではフリーテキストで要望などを入力することができます。

また、「机上査定」と「訪問査定」から選択できる画面がありますが、机上査定は入力した面積や築年数、または似たような物件の事例から査定価格を出してくれるもので、結果が出るのも数時間程度と早い場合が多く、具体的な売却価格ではなく、なんとなくの相場を知るのに使えます。訪問査定は日当たりや周辺環境など実際にみて判断をするものとなっており、時間がかかるものの、かなり正確な結果がでてきます。それぞれ大きく違うので、自分の状況に合わせた選択が必要です。

ここまで終わると、お問い合わせをした人の個人情報を入力し、不動産会社の選択に進みます。途中でミスがあると「未入力もしくは入力間違いの必須項目があります」となるので、クリックして修正してください。

内容を確認し、送信することで不動産会社へ査定依頼は完了となります。

入力の不備などによって「システムに問題が発生しました。しばらくしてから再度アクセスしてください。」などのテキストが出ることがあるので、査定フォームにはできるだけ正確な情報を入力したほうが良いでしょう。

HOME4Uで行われているキャンペーン

HOME4Uで、2019年6月現在実施されているキャンペーンはありませんでした。

しかしここ数年実施されているキャンペーンは見当たりませんが、過去には問い合わせを送信した人から抽選で100名に2000円や、アンケートに答えると500人にクオカードプレゼント、応援金の贈呈などを実施していました。あくまでサービス改善のための情報収集として、数百円~数千円をプレゼントしていたようです。

一括査定サイトを使って複数のサービスをきちんと比較すると、査定会社の得手不得手によって数百万円もの差が出ることがあります。また不動産の売却では、個人でも数千万円以上の金額が動くため、数パーセントの手数料でも高額になります。

このため、他サイトのような10万円規模のギフトやキャッシュバックキャンペーンでサービスを利用するのではなく、少しでも高く、希望する条件で売却できる不動産会社を見つけることに専念した方が良いかもしれません。

HOME4Uの査定依頼ではしつこい電話連絡がくる?

HOME4Uで一括査定依頼を送信すると、電話やメールで連絡があります。

各不動産会社によって対応は異なりますが、特にフォームの中で訪問査定を依頼した人は、日程調整の意味でも電話での連絡が来ることが考えられます。

また、「入力情報で算出した査定額」と、「実際に見て算出した査定額」では、判断する情報量が違うので、金額に開きがあることが多いのも事実です。事前に細かなヒアリングをしてくれることがあるので、机上査定を選択した人でも、より正確な査定を受けるために電話での見極めを大切にすると良いでしょう。

さらに最近では不動産会社もしつこい連絡は嫌がられて逆効果だと知っているので、比較的安心して査定依頼をすることができると思います。

HOME4Uは会員登録やログインが必要?

「HOME4U ログイン」などで検索すると、無料会員登録の案内がでてきます。

会員登録を行うことでメルマガや入力情報の保持、資料請求など、いくつかのメリットがあるようです。メルマガは配信のタイミングを選択でき、条件にあった新着情報の通知に利用することができます。また、HOME4Uは不動産売却以外にも多くのサービスを扱っており、会員登録をすることでサービスをまたいで情報を保持できます。検索条件や名前の入力をいちいちしなくて良くなるということで、人によってはかなり便利かもしれません。

ただし、査定を受けるために会員登録やログインが必須ということはありませんので、ご安心ください。

HOME4U運営会社の概要

HOME4Uは20年近い運営実績と1300社の提携不動産会社数がありますが、同じように提携数が多いサイトや、10年以上運営されている老舗サイトも増えてきています。

そんな中でHOME4Uが支持されるのは、運営会社が大手グループである点かもしれません。

運営はNTTデータ・スマートソーシングで、親会社は東証一部に上場のNTTデータです。しかも、2015年の組織改編まではこちらの会社によって運営されていたので、上場企業ならではの安心感があります。

ただし、NTTデータは不動産とは関係ありません。また、NTTグループ内の不動産会社とも関係はないので、不動産売却について実際にどういった良さがあるのかは不明瞭です。

それでも「不動産一括査定サイトの中でも最古参」で「上場会社の子会社」ということで、信頼しやすい運営会社なのでしょう。

今すぐ不動産を売却したいですか?不動産の価格だけ知りたいですか?

無料一括査定スタート!

「不動産査定」の記事一覧